【ライン強度比較】ベーシックFCとフロロマイスター

こんにちは「のり」です。

何気なくラインの在庫をチェックしてみると被って買っている種類に気が付いた。

リールにラインを巻く時、見当たらなくて無いと勘違いして買い足していたんですね(笑)

そんなラインを見てふと思ったこと。

同じ価格帯のラインではどっちが強いんやろ?

凄い単純な事やけど、いっちょ試してみようかって事で今回用意したのは、

・サンライン ベーシックFC

・シーガー フロロマイスター

主にバス釣りで定評のあるフロロラインですね!

色々な太さ(lb)がありますが、今回は4lbを使用して比較してみます。

※5Lbは太さが違うのを、この機会に発覚しましたのでパス。

比較方法は公正性を出すためにシンプル。

・スケールを使って切れた時点のkgを測定

・結び方はユニノット(4回巻き)

・引っ張る速度は全て同じに(感覚的なものになりますが・・・)

・測定する度に、引っ張り劣化を考慮して50cm位カット

・測定は10回

測定しての結果です。

【強度比較】ベーシックFC・フロロマイスター ※4LB

回数サンライン
ベーシックFC
シーガー
フロロマイスター
1回目1.850kg1.910kg
2回目1.525kg1.920kg
3回目1.590kg1.605kg
4回目1.445kg1.180kg
5回目1.460kg1.285kg
6回目1.180kg1.195kg
7回目1.350kg1.185kg
8回目1.260kg1.260kg
9回目2.200kg1.585kg
10回目1.240kg1.775kg
平均1.510kg1.490kg

以上の様になりました。

今回やってみて分かったこと、気づいた事として

・10回の平均強度さは0.02kgと微差

もうほとんど差がない感じですね。

・最低強度~最強強度の差がややあり

ベーシックFCは最低強度1.180kg、最強強度2.200kgで差が「1.020kg」

フロロマイスターは最低強度1.180kg、最強強度1.920kgで差が「0.74kg」

これを微差とみるかどうかは人それぞれでしょう。

ベーシックFCの最強強度2.200kgを出した時は、引っ張っている時も「何か違う感」がありました。

製造時のムラでしょうか?

・切れたのは全て結び目(結構キモ)

ラインが途中で切れた訳ではなく、ユニノット(4回結び)が全て切れた結果となりました。

ライン強度と言っていますが、厳密的には「ユニノット4回巻きでの結び目強化比較」と言っても良いかもしれませんね!?

余談ですが、4lbの強度は1.8kgです(1lb当たり約450gの強度)

・切れた後の縮れがフロロマイスターのほうが長かった

それだけ伸びて粘ったと言うことでしょうか?

今回のテストは機械ではなく、「手」で行ったための誤差もあると思います。

それを踏まえると強度さはほとんど無い!?

それ以外の部分「耐久性」「感度」「硬さ」などでの差は調べていないので、何とも分かりませんが、強度面ではどちらを選んでも大丈夫な感じですね。

さすが人気のある2アイテムだと言うことでしょうか!

サンライン(SUNLINE) ベーシックFC 300m

クレハ(KUREHA) シーガー フロロマイスター 320m


「釣り具部屋」へお立ち寄り有難う御座います。

ブログ村でも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

釣り暮らしに関して

海釣りに関して

釣りの豆知識に関して

人気ブログランキングでも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

海釣りに関して

初心者アングラーに関して


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です