釣行後の釣り道具に水洗い(海釣り)

こんにちは、のりです。

今回は、海釣りへ行った後の釣り道具の後片付けの話しですわ。

海釣りをした後の釣り道具は、海水まみれ。

要するに潮(塩)が釣り道具に付着しています。

そのまま、片付けてしまうと次回使用するときに「臭い」のは当然、時間がたつと

「釣り道具の腐食」

がはじまります。

要するに「錆び」が発生したりして、リールの巻き心地はゴリゴリと最悪に。

釣り竿などはガイドがボロボロになったり小物は錆びて、ハサミやペンチなども使い物にならなくなってしまいます。

勿体ない!!

って事で自分の場合、釣行後はこんな風にしています!

釣り竿は真水の出るシャワーでバシャバジャと流す!

リールもそのままの勢いで。

※本当は、外した方がリールの足回りも綺麗に洗えて良いんですよ(笑)

※温水は絶対にダメ!内部に入っているグリスなどが温まって流れ落ちてしまいます!

※バケツに水を張って、その中にリールを入れるのもダメ!内部に水が入り込み、抜けなくなってしまいます!

で、自然乾燥で終了

使用済みの釣り道具もしかり。

自分の場合、使用済み入れなる百均の容器を持ち歩いていて、使った道具は、この中にポイポイ。

で、帰ってきたら流し場で、

ダ~ッと流して、

魚に触れたフィッシュホルダーや血の付いた〆具などは、食器洗剤で洗い流す。

そして竿と同じく、そのまま干しておいて乾いたら完了

かなり簡単なひと手間で、次回使うときに気持ちよく使えます。

そして、なんていっても劣化を抑えられ長く使えますからね!

面倒くさがらず、ひと手間「後片付け」を忘れずに!

余談ですが、洗い終わったリールの「ドラグ」は緩めておくとさらに良いです。

ドラグ部分を締めたままにすると、ドラグワッシャーが下手ってきて、ドラグの動きが悪くなってきますよ!


「釣り具部屋」へお立ち寄り有難う御座います。

ブログ村でも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

釣り暮らしに関して

海釣りに関して

釣りの豆知識に関して

人気ブログランキングでも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

海釣りに関して

初心者アングラーに関して


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です