【岸釣り】サーフタコエギング釣行

こんにちは、のりです。

敦賀のサーフへタコエギングに行ってきました。

のんびり7時からの釣り開始。

もうすでに暑い(笑)

ちょっと波のある日だったが、ポイントは釣り出来る状況。

やや濁りあり&前日の悪天候もあって、流れ藻がやや気になるが大丈夫だろってことで釣り開始。

サーフタコエギングに使うタックルは、ショアジグタックルそのもの。

【使用タックル】

ロッド:9.6ft(ジグ40gまで対応)

リール:DAIWA 3500番

ライン:PE1.5号+リーダー5号を50cm

タコエギングもいたって簡単。

①思い切りぶん投げる

②底を取る(エギが海底に着ける)

③竿を寝かして、糸ふけ(糸のたるみ)を回収してから、竿を横(根掛かり多い場所では縦)にゆっくり動かして、タコエギをずるずると動かす

④竿が海に対して90度位の角度(要するに竿でエギが動かせなくなった時点)で、ちょっとストップ(この時にタコが乗る事が多い)

⑤③を繰り返す

「ミソ」は④のストップの時間。

自分の場合、感覚的に5秒位かな?

あまり長い時間止めていると「辛気臭い」ので(笑)

ちなみに根掛かりが多いならオモリを軽く、底が取れないならオモリを重く変更すると使いやすいです。

タコの「アタリ」は、魚みたいにブルブル来るわけではないです。

①止めて巻くときに「グッ」と根掛かりみたいな「重さ」を感じたら、竿を海の方向に寝かせて糸ふけを回収して、一気に竿を持ち上げる!

②その時、重さを感じる状態でリールが巻けるなら「タコが掛かっている可能性大」なので、糸を緩めずに一気に波打ち際まで回収。

③タコだと確認したら一気に砂浜まで、ずり上げたらOK。

この、回収時に糸を緩めると「タコが外れる可能性」があるので注意!

ちなみに、②の時点でリールが巻けない場合「根掛かり」か「タコが石など海底に張り付いている」かのどちらかです。

すぐに諦めて糸を切らずに、糸を緩めたり、引っ張る角度を変えたりしてみると意外とタコが海底から外れて取れる時も「アルアル」ですよ!

小型メインだけど朝にも夕方にもGET。

敦賀のタコもシーズンスタートですな!

※タコ釣りは地域によって禁止されている場所がありますのでご注意!

今回のヒットタコエギは「プライアル オクトパスジグ」

このタコエギは「ラバーが付いていて派手」「ラトル入りで目立たせられる」「ブレードが付いていてキラキラ」など、タコにアピールが強いんです。

過去にも結構お世話になっています (^^)

欠点としては、針がすぐにダメになるんですが、、、値段相応という事で!


「釣り具部屋」へお立ち寄り有難う御座います。

ブログ村でも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

釣り暮らしに関して

海釣りに関して

釣りの豆知識に関して

人気ブログランキングでも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

海釣りに関して

初心者アングラーに関して


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です