リールのスプールエッジ傷に注意

こんにちは、のりです。

今回は、釣りをはじめた方へ向けた釣り道具についての記事です!

釣り具の「スピニングリール」の話し。

仕掛けやルアーを投げて回収するためのアイテムですな。

そんなスピニングリールの「スプールエッジ」の扱いには注意が必要な事を知らず、トラブルの元になったりもしているのも事実。

まず、スプールエッジで何処のこと?

って事ですが、↑画像の赤丸の部分。

所謂、スプールの「端っこ」です。

「ここが、どうしたん?」

って思う方もいはると思います。

では、画像で説明。

釣りをしているときは、こんな感じになっていますね。

次に、仕掛けやルアーを投入する時、

こんな感じで、スプールエッジに糸(ライン)が触れています。

スピニングリールの形状上、こうなることは必須。

で、最初のトラブルの話し。

Q・スプールエッジに傷が付いているとどうなるか?

投げるときには、絶えずスプールエッジに糸(ライン)が触れていることから、答えは簡単です。

A・スプールエッジの傷に糸(ライン)が引っ掛かって、糸(ライン)にも傷が付き、最悪の場合は付いた傷によって糸(ライン)が切れる

投げた時に糸が切れたなんて話しを聞いて、リールを見てみるとスプールエッジが傷だらけだったなんて「おち」も色々と聞いていますし、知っています(^^;)

スピニングリールのスプールエッジは、かなり重要な部分なんですわ。

釣りをしていて、無造作に地面にリールを置くと、傷が簡単についてしまう事もあるので、

こんな感じでクーラーボックスなどに立てかけたりするのがGOOD!

こういう感じで地面に直接置かないのを、意識しておくとリールも長持ちしますよ~!

ちなみにスプールに傷が付いてしまった場合、深い傷でなければコンパウンドなどで補修も可能ですが自己責任でお願いしまっす!


「釣り具部屋」へお立ち寄り有難う御座います。

ブログ村でも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

釣り暮らしに関して

海釣りに関して

釣りの豆知識に関して

人気ブログランキングでも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

海釣りに関して

初心者アングラーに関して


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です