イモグラブのフックセット方法と注意点

こんにちは。

今回は先日のロックフィッシュで使用したイモグラブのワームフックセット方法です。

要するに「【基本編】ワームにオフセットフックをどうやってセットするのか?」ってことですわ。

今回使うのは、イモグラブ50とオフセットフック#1です。

まず、大まかにフックの完成形をイメージして、フックの抜き差し部分を大まかに覚えておきます。

※最初はさっぱり分からないと思うので、取り合えず経験して覚えていくのが良いです(^^;)

①針先を刺して、

②画像の様にいったん出して、さらに

③刺して、

④針先を出します。

この時点で、真っすぐになっているのを確認。

大事なのは、③と④の刺し抜きの「場所」

フックが③~④へ、どのようにワームのボディ内を通るのかイメージ必須!

それが、上手くできないとクネッと曲がってしまいます。

曲がったままのワームでは、水中でクルクル回ってしまって動きが悪く釣果激減なので、真っすぐセットするのは必須ですわ!

これは、イモグラブに限らず、ワームへのオフセットフックのセット全てに共通する部分ですよ~(あえてを除く)

さて、④まで出来た時点で終了ではありません。

上記画像の様に針先がむき出しのままだと、ウィード(海藻)などが引っ掛かってしまってトラブルの元なので、

針先をちょこっとだけ、ワーム本体へ刺してやります。

完成♪

先ほども、書きましたがワームが真っすぐになっているのを再確認。

曲がっていたらやり直し。

イモグラブ50

カラーナンバー038はグローカラーなのでロックフィッシュにバッチリですが、残念ながら次回生産の目途が無いらしい(--;)

自分が使用しているのはカルティバのオカッパリフックです。

万能&無難に使えてGOODですわ。

そして、イモグラブを使用するうえでの注意点はコレ!

イモグラブに限らず「塩入り」のワームを使用するとフックがやられちゃいます。

コレ、片付けるのを忘れて2、3日後の姿。

もちろん、次回使えません(涙)

使い終わったら、すぐに片付けるのが吉ですよ~!


「釣り具部屋」へお立ち寄り有難う御座います。

ブログ村でも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

釣り暮らしに関して

海釣りに関して

釣りの豆知識に関して

人気ブログランキングでも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

海釣りに関して

初心者アングラーに関して


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です