便利な定番アイテムのフックキーパー

こんにちは。

今回はルアーやエギングで定番の便利アイテムのご紹介です。

岸釣りで、ルアーやエギをセットして釣り場に行く時やポイント移動するとき、ぶら下がっているルアーやエギをどうしていますか?

定番なのはルアーの場合、ガイドに引っ掛ける方法。

確かに便利なのですが、これするとルアーフックが、ガイドの中に通っているラインに当たっていたりして傷が付いていてトラブルになることも。

エギの場合、自分はグリップにフックを刺して使っていました。

でも、これを繰り返すとグリップがボロボロになるんですわ(笑)

と、いう事で今現在使っている定番アイテムは、

フックキーパー

メーカーによってはフックホルダーとも言います。

これが小さい大変便利物。

上記画像の様にフックを引っかけるだけ!

使わない時には、上記画像の様にたたんでおけば邪魔になりませんわ。

セットする場所は、リールの下のセパレートの場所(任意)

以前、リールより前にセットしていたけれど、これが時々キャスティングしたラインが引っ掛かる悪さをしていたので移動しました。

うん、こっちにしてからトラブルレスになって快適です。

フックキーパーをセットする方法は非常に簡単で、付属されている輪ゴムでセットするだけ。

大小2個の輪ゴムが付いているので、相当特殊な太さのロッドでなければ、まず付きます。

富士工業(FUJI KOGYO) ルアー用フックキーパー

そんなに高いものでもないし、カラーが色々あるので小さなアクセントとしても使えます!

ルアーやエギのみならず、釣り針も勿論付けれらるので磯釣りや堤防でのウキ釣りの竿もOK。

もうすでにご存じの方も多い、便利アイテム。

知らなかった方は一度試してみてはいかがですか?


「釣り具部屋」へお立ち寄り有難う御座います。

ブログ村でも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

釣り暮らしに関して

海釣りに関して

釣りの豆知識に関して

人気ブログランキングでも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

海釣りに関して

初心者アングラーに関して


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です