堤防は釣り人多いのでサーフからのエギングでアオリイカを釣ってみた。

こんにちは。

秋の風物詩、アオリイカを狙いに越前海岸へエギングに行ってきました。

コロナの影響もあり釣り場制限の多い中、狙える堤防は限られている。

人混みの中での釣りは好きじゃないので空いているポイントを見つけてはエントリーして探るパターンで。

エギ2.5号で充分釣れるサイズになってきました(8月末)

2号でも良いんですが、遠投性が落ちて探れる範囲が狭くなりヒット率が下がるため自分はあまり使いません。

なんて言いながらも、直ぐに3号で釣れるサイズになる位にアオリイカは成長が早い!

余談ですが、今年はエチゼンクラゲも多いです。

さて、空いている堤防を探しながら移動を繰り返していきますが、とにかく立ち入り禁止が多い状況の中もありエントリーできる場所が少なすぎ!

移動している時間のほうが長い事長い事(笑)

そんな状況もあり、いっその事サーフでエギングしようってことになり、

サーフは空いている場所だらけ。

で、早速結果は、

釣れる釣れる♪

誰も狙っていないからでしょうからか、波打ち際までチェイスも多々。

真昼間というのに連発して遊べました(^^)

【サーフエギングのコツ】

・しっかりと遠投

・広く探っている場所を探る(歩く)

・海藻が引っ掛かれば近くにアオリイカが居るチャンス

・基本的に遠投しても水深はそこまでないので、テンションフォール(ラインを張った状態でエギを落とす)して斜めに落としてフォール時間を稼ぐ
※アタリも取りやすくなります

昔っからサーフでのエギングはしているのですが意外と釣れるんです。

ちなみスロープからのエギングでもアオリイカは釣れるんですが、スロープの濡れている場所はツルツル滑ってコケて海にハマるのでご注意を(笑)


「釣り具部屋」へお立ち寄り有難う御座います。

ブログ村でも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

釣り暮らしに関して

海釣りに関して

釣りの豆知識に関して

人気ブログランキングでも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

海釣りに関して

初心者アングラーに関して


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です