ジグヘッド+ワームでのズレ防止

こんにちは。

アジングやメバリングで使うジグヘッドにワームをセットしての釣りで、ワームがズレてしまう時ありませんか?

この様にセットしていても、アジなどがちょいとテール(後ろ部分)を食いついてきたりすると、

ズルリと(笑)

小さいジグヘッドの場合、ワームのズレ防止が付いているのが少なくて、こういう事が起こるんですね。

オマケに昨今流行りのフッ素コーティング系のジグヘッドの場合、ツルツルしているので余計にズレやすい。

で、いちいち直す小さなストレス。

そんなしょうもないストレスをスカッと解消の最近愛用しているのがコレ。

マグバイト 熱収縮式ワームキーパー

RYUGI(リューギ) TCキーパー

今では色んなメーカーから出ています。

【用意するもの】
ハサミ・ライター(ドライヤーでも可)

熱収縮式ワームキーパー。

所謂、小っちゃい熱収縮チューブ。

これを、

斜めにカットして、ジグヘッドに通して

ライターで軽く炙るかドライヤーで熱風を当てると縮んで、針の軸にしっかりと固定出来れば完成♪

斜めにカットして尖っている部分がワームのずれを防止します。

画像みたいに尖っている部分が軽く立っているのが理想。

ペタッと尖っている部分が寝てしまったていたら指で立ち上げて、更にライターで炙ると形が固定出来ます。

で、セットしてズレにくさチェック!

【結果】
指でグイグイ引っ張ってもズレない!

バッチグーです!

ズレるまで引っ張ってみたらワームが千切れました(笑)

【メリット】
ワームがズレない!
フッ素コーティング系のジグヘッドでも安心!
コスト的に安い!
【デメリット】
釣り場で直ぐに作るのは面倒!
よって事前準備が必要!

ズレ防止がされていないジグヘッドの場合、かなり改善されます。

ちょっとしたひと手間だけど、する価値は大ありだと思います。

余談ですが、今回使用したジグヘッドは月下美人 SWライトジグヘッド鏃 SS パワーフックのフックサイズ#6の0.3g。

その場合、 マグバイト 熱収縮式ワームキーパー はMサイズがピッタリでした。

参考までに(^^)


「釣り具部屋」へお立ち寄り有難う御座います。

ブログ村でも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

釣り暮らしに関して

海釣りに関して

釣りの豆知識に関して

人気ブログランキングでも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

海釣りに関して

初心者アングラーに関して


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です