仕掛けの接続など色々な釣りシーンで使える八の字結び(チチワ)の作り方

こんにちは。

八の字結び(チチワ)をご存じでしょうか?

所謂、釣り糸で輪っかを作る結び方なんですが、極々一般的な「まる結び」よりも解けにくく輪っかが保ちやすいんです。

簡単でパパッと作れて釣り糸と仕掛けとの接続や、のべ竿のリリアンへ糸を取り付ける時、そして何より仕掛け作成の時等々に非常に便利。

そんな色々なシーンで活躍する、八の字結びの作り方を今回そんな色々なシーンで活躍する、八の字結びの作り方を今回は画像付きで説明していきます。

釣り糸(ライン)を、このロープで例えて説明していきます。

糸の端っこを折り返して、

折り返した部分の上記の様にして、輪っかを作ります。

更に釣り糸の下に通して、

指先で指している部分を、

この出来ている輪っかの部分へ、

通します。

※釣り糸の通し方に気を付けてください。画像の様にしないと解けてしまいます。

余談ですが、八の字結びと言われるのは、この輪っかの部分が「8」の数字に似ているからだと言われています。

上記画像の様に指でつまんで、

引っ張る!!

八の字結び(チチワ)の完成。

説明で色々と言っていますが、滅茶苦茶簡単です(^^)

ちなみに、作成した八の字結び(チチワ)でサルカンなどへと接続する方法は、

この輪っかをサルカンと例えると、

輪の中に通して、

この様にずらして、

引っ張れば、

接続完了!

簡単です。

釣りをはじめたばかりの方も覚えて損は無い結び方なので、是非覚えてください!

何気に覚えておいて良かったと思える、かなり重宝する結び方ですよ~。


「釣り具部屋」へお立ち寄り有難う御座います。

ブログ村でも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

釣り暮らしに関して

海釣りに関して

釣りの豆知識に関して

人気ブログランキングでも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

海釣りに関して

初心者アングラーに関して


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です