三方五湖の海上釣り堀「フィッシングランド日向」

こんにちは。

三方五湖の海上釣り堀「フィッシングランド日向」で釣り遊んできました。

フィッシングランド日向

平日でも大変人気のある海上釣り堀。

海上釣り堀と言うけれど、この釣り堀は三方五湖内の日向湖にある釣り堀で汽水湖になります。

要するに海に面した湖で海水が混じっているんですわ。

さて、朝7時から釣り開始。

早朝は高活性!

スタンダードなウキ釣りで、

真鯛がどんどん釣れます。

でも釣れるモーニングタイムが終了と共にテクニカルな釣りに変更。

そうなるとウキ釣りでは中々釣れなくなります。

ウキ釣りをやめて、ミャク釣りへと変更し、釣り餌の種類を小まめに交換することにより引き続き真鯛が釣れ続けました!

【ミャク釣りとは】
ウキを使わず、竿先の変化でアタリを取る釣り。
釣り堀での場合、釣り糸に餌を付けた針がフワフワと落ちる程度に軽いガン玉だけを付けて、餌を自然に漂わせる事により低活性な魚を釣る釣法。

しかし・・・周りではイサキやブリ、シマダイなどが釣れているのに自分には真鯛ばっかり(笑)

釣り堀では釣りをしている時に、再度魚の追加をしてもらえます(釣り堀によって)

ブリが水面に大量にウロウロと泳ぐも、自分のエサには無反応。

こういう時、活き鯵が良いのですが準備忘れてしまいました(^^;)

制限時間のある海上釣り堀という事もあり、写真も撮らず終了時間まで無我夢中で釣り楽しんでました。はい。

ちなみに釣った魚はスカリで活かしておき、帰る時に受付場所に持っていくと血抜きと〆をしてくれて手間が無くて有難い!!

その先(三枚おろし)は有料です。

この海上釣り堀、普段に船釣りなどをされている方からすると、魚の入った生け簀で魚を釣って何が楽しいのかなどという声が耳に入りますが釣り堀には釣り堀の楽しさがあるんです。

確実に居る魚をいかに釣るか?

餌を変え、仕掛けを変え、針の大きさを変え、ハリスを変えなどなど考えることが沢山。

そして、釣れるパターンを見つけ出して釣れた時の喜びはやはり魚釣りの醍醐味!

自分自身、久しぶりの海上釣り堀での釣りですが思い切り楽しんでました!

ただ、真鯛しか釣れない自分の腕の未熟さに悲しさもありました(笑)

【ウキ釣りタックル】
竿:ショアジグロッド3m
リール:ダイワ3500番クラス
糸:PE1.5号
ウキ:スリムな1号の棒ウキ
オモリ:クッション付きの1号
【ミャク釣りタックル】
竿:イカメタルロッド
リール:両軸カウンター付き小型リール
糸:PE0.6号
オモリ:小さなガン玉

上記の2タックルを使用。

共通して使ったのは、

ハリス:フロロ3~5号 1.5m
針:伊勢尼9~11号

所謂、魚の口に近い部分は釣り場でも色々と変えながら使いました。

ハリスの太さ長さをはじめ針の大きさで反応は刻々と変化するので、こまめな交換が必要だと感じました。

海上釣り堀をやってみようとお考えでしたら参考にしてみてください。


「釣り具部屋」へお立ち寄り有難う御座います。

ブログ村でも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

釣り暮らしに関して

海釣りに関して

釣りの豆知識に関して

人気ブログランキングでも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

海釣りに関して

初心者アングラーに関して


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です