糸巻時に重宝するサイト⇒シマノ糸巻量計算ツール

こんにちは。

糸巻きしてますか?

狙う魚や釣りによってリールに巻いてある糸の種類や太さ、長さを変更しなければいけない場合、「リールに○号の糸を○○○m巻くから、下巻き(底上げ)をどれ位したらよいのか?」と悩む方も多いと思います。

そんな糸巻き時に便利なサイト。

シマノ 糸巻計算ツール

このサイトでは、事細かく設定することができます。

糸を巻く予定のリールのスペック(糸巻量)を調べて入力し、巻く糸の種類・号数(ポンド数)・長さも入力、最後に下巻きに使う糸の種類と号数を入力するだけで、下巻き糸を何m巻けば良いかが表示されるんです。

例えば、

3号のナイロン糸を150m巻けるリールがあるとして、エギングに行くためPEライン0.8号を巻く場合、上記の様に入力すると0.8号だと450m巻けると表示。

もっとも、そんなには巻かない。

手持ちの0.8号が150mなので巻きたい糸に150mと入力して下巻きに2号のナイロンラインを選択すると、下巻き糸を150m必要と結果が表示されます。

それを参考に、リールに2号150m巻いて、その上からPEライン0.8号を150m巻けば綺麗に完成♪

でも、2号を150m下巻きするっていうけれど、150mって分かんない!

ってなりますよね~。

自分の場合、スプールの何分の何巻けばいいなとか感覚で巻いています。

そこんとこは「慣れ」だと思います。

糸巻き時に下糸に悩んだ時は、試してみてはいかがでしょうか?


「釣り具部屋」へお立ち寄り有難う御座います。

ブログ村でも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

釣り暮らしに関して

海釣りに関して

釣りの豆知識に関して

人気ブログランキングでも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

海釣りに関して

初心者アングラーに関して


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です