結びに色々使えるユニノット。

釣り人なら誰でも知っている「ユニノット」

色々な糸の結び方の中でも、基本中の基本の結び方ではないでしょうか。

まずは結び方を画像にて。

①糸を通す。

②このように糸を返して輪っかを作る(大きめに作ると結びやすい)

③図のように輪っかに糸を通す。

④グルグルと4回~5回(3回だと不安)

⑤メインの糸を持って、ゆっくりと引っ張る(強く引っ張ると糸が熱で縮れてしまう可能性があり→糸が弱くなる)

⑥縛り付けられたら完成

上記の様に、綺麗な結びコブになっていれば成功。

上記の「ユニノット」は慣れると誰でもできる簡単です。

強度的にもしっかりとしており、相当な大物相手にならない限りは、ほぼこの結び方でOKではないでしょうか。

自分の場合、ナイロンライン5号までは、この結び方でほとんどをこなしていますけれど、現状不満はないです。

釣りをはじめてする方も、ぜひ覚えておいて欲しい「ユニノット」の結び方でした。


「釣り具部屋」へお立ち寄り有難う御座います。

ブログ村でも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

釣り暮らしに関して

海釣りに関して

釣りの豆知識に関して

人気ブログランキングでも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

海釣りに関して

初心者アングラーに関して


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です