投げ釣りには竿立ての三脚に水汲みバケツがあると便利な件

こんにちは。

今回は、投げ釣りをする上で持っておきたいアイテムの紹介です。

投げ釣りの代表ターゲットのキスやカレイをはじめとした様々な投げ釣りで、持っておきたいアイテムと言えば、やはりこれ!

竿立て三脚。

いわゆる竿を立て掛けておくアイテムです。

カレイ釣りなどアタリをじっと待つ釣りでは竿を三脚で立て掛けてアタリを待つ。

キス釣りなどで引き釣りをしている時でも、釣った魚を外してクーラーボックスに仕舞う時に竿を三脚に立て掛けておく。

そうする事により、釣り竿を砂浜などの地面に置かないので竿が痛まないのは勿論、リールの傷防止や地面に置く事によって付着した砂が内部に入り込みギアなどが痛むトラブルを回避する為にも欠かせないアイテムなんです。

ところがこの竿立て三脚にも欠点が。

風が吹くとパタッと倒れてしまう。

しっかりと三本の足で踏ん張ってくれているつもりでも、意外と簡単に倒れます。

おまけに倒れた拍子で竿やリールに傷が付くトラブルも多々(実体験)

それじゃあ、どうすれば良いのか?

非常に簡単に倒れるのを回避する方法があります。

水汲みバケツ。

海の堤防釣りで欠かせないコレです。

これに海水を入れて、

引っ掛けて、

ぶら下げるだけ!

これだけで水汲みバケツがオモリになって三脚が安定します。

不安定な足場の砂地の場所でも、

風で簡単に三脚が倒れやすい堤防などでも、水汲みバケツをセットする事によってドシッと安定してくれます。

投げ釣りで三脚が倒れると悩んでいる方も、これから投げ釣りをはじめたいと思っている方も水汲みバケツは持っておいて損しないアイテムなので、安いものでも良いので持っておいた良いかと思います。


「釣り具部屋」へお立ち寄り有難う御座います。

ブログ村でも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

釣り暮らしに関して

海釣りに関して

釣りの豆知識に関して

人気ブログランキングでも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

海釣りに関して

初心者アングラーに関して


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です