敦賀沖でディープ鯛ラバゲーム

こんにちは。

敦賀沖へ鯛ラバゲームをしてきました。

今回は船に乗せていただき、操船必要なしののんびり鯛ラバゲーム(^^)

ポイント到着すると波無し、潮動かずのベッタベタ状態。

水深120m位~のポイントでするディープ鯛ラバ。

本来なら200g前後の鯛ラバを使うのですが、巻き心地スカスカで真下から鯛ラバが戻ってくる状態。

こういうの良くありません。

鯛ラバの場合、海底へ落として巻いてくる時に斜め引きになる状態のほうが良く釣れます。

要するに潮が動いていて鯛ラバが押される状態って訳です。

ならばと強制的に斜め引きに鯛ラバを巻ける様、持ってきた鯛ラバで一番軽い120gをチョイスし巻き巻き(ディープ鯛ラバを想定していたので軽い鯛ラバを置いてきたのを後悔!)

何回も海底を落として中層まで上げてを繰り返すと、コココンッとアタリ

ドラグズルズル状態で巻いて巻いて巻いて巻いて~もうそろそろかなってタイミングで合わせると竿が曲がり乗っていることを確信(鯛ラバを合わせない方もいます。自分は合わせる派ですわ)

でも軽いし小さな~と思って上げてくると、

レンコ鯛

水深があるので、回収を早くしたため水圧変化で目玉が飛び出ています。

ムシガレイ。

春に良く釣れるカレイで、大変美味しい魚です。

体にある6つの斑点が目印。

その後もムシガレイ時折レンコ鯛が釣れる状況。

中々、真鯛が釣れない~って思っていたら、少しづつ潮が動いてきた感が出てきて、海底付近で良いアタリ!

真鯛の連発!

時合いにより活性が高くなり、一気に真鯛が釣れ出しました!

この釣りで良くあることですわ。

こういう時って、他の場所で釣りしている船もバタバタ~と釣れている場合が多いのです。

その後も、船上で多くの真鯛の姿を見ることができ昼上がり(^^)

良い日でした。

ジャッカル(JACKALL) TGビンビン玉スライドヘッド

主に使用している鯛ラバヘッド。

タングステンタイプなので、鉛よりも一回り小さいので潮の抵抗が少なく巻き心地が楽。

ジャッカル(JACKALL) ビンビン玉T+ネクタイ カーリー

フィッシュアロー ルミノーバネクタイ カーリー

今回、メインに使ったネクタイは上記2点。

釣れない時には、色々な形状のネクタイを付け替えています。

ネクタイを交換するだけでアタリが変わる時あるんです。

こういうのを考えながら釣りするのも、鯛ラバゲームの楽しみの一つですね!


「釣り具部屋」へお立ち寄り有難う御座います。

ブログ村でも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

釣り暮らしに関して

海釣りに関して

釣りの豆知識に関して

人気ブログランキングでも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

海釣りに関して

初心者アングラーに関して


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です