敦賀沖での鯛ラバゲームは大変楽しめます。

こんにちは。

良い天気だったので、朝一に敦賀沖へ鯛ラバゲームで遊んできました。

波1m、風3mまでと今の時期には非常に良い海況。

鯛ラバゲームでの本命はアマダイ。

食べる=釣りをするがコンセプトの我が家には、ここの部分が結構重要視されます。

ボートのエンジンを掛け、水深100mのポイントまで走らせ釣り開始。

アマダイは、普段砂地に隠れている魚なので狙うポイントも根がある場所では無くて、砂地のフラットなポイント。

そこをひたすら流しながらする釣りです。

早々からレンコ鯛ラッシュ!

今年の敦賀沖は非常にレンコ鯛が多く上がっています。

大発生しているんでしょうかね?

レンコ鯛に混じって

本命に巡り合えないので過去に釣れたポイントへ移動(プロッタにマーキングしています)

ボートは北北東の深い方へ流れる状況で悪くはない。

ひたすら信じて巻いていると、

良型のアマダイ!

その他にも、

久しぶりの真フグ!

美味しいので好きです(^^)

この時間帯が丁度午前8時半ごろ。

潮のタイミングもあるんでしょうが、この時間帯が、ここのところ非常に調子良いんです。

昔は10時過ぎに調子良い事もありました。

魚の食いが良くなるタイミングっていうのがあるんでしょうね!?

中層感度が出たり、水面で小サバナブラが立っている時がありジグを投入したり、キャスティングしてみたりするけど青物無反応で嫌われています。

昼近くになり、そろそろ上がろうかと考え鯛ラバ巻き巻き。

水面近くを漂う海藻がPEラインが引っ掛かったので、竿を左右に振って外そうとしているとドカンッと。

良い横引きでメジロ(ワラサ)でも掛かったかと。

今の時期のメジロは脂もそんなに乗っていないので持って帰ることは考えていない。

よって、バレても良いのでラインが切れない程度に無理やりなポンピングなどを繰り返し上げてくると、

真鯛でした。

食べるの大変サイズです(笑)

もうこれで引きも堪能。

昼近くになったので帰港しました。

プレジャーボートだからこその自由感ですね。

アマダイ3兄弟

充分な釣果です(^^)

今回狙った水深は90~100mライン。

潮の流れにボートのエンジンを切ってひたすら流しながらの鯛ラバゲーム。

潮風の関係でボートの流れの速さが変わるのが多かったので、鯛ラバが斜め引きになる様に100g~200gの鯛ラバヘッドをタイミングに応じて交換して使いました。

この辺りが結構ミソだと思っています。

ダイワ(Daiwa) 紅牙 ベイラバー フリー TG α ヘッド

今回メインに使った鯛ラバヘッドです。

ジャッカル(JACKALL) ビンビン玉T+ネクタイ カーリー

お気に入りのネクタイ。

集魚効果のある匂いが入っていて良いと思うんですが、千切れやすいのがたまに傷(笑)

ダイワ(Daiwa) 紅牙フック SS 徳用

フッ素系のフックは掛かり良くて良いですね。

昔は色々なフックを試してきましたが、最近はフッ素系の掛かり優先のフックが好きです。


「釣り具部屋」へお立ち寄り有難う御座います。

ブログ村でも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

釣り暮らしに関して

海釣りに関して

釣りの豆知識に関して

人気ブログランキングでも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

海釣りに関して

初心者アングラーに関して


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です