ベイトリールや両軸リールに糸を巻く時の結び方(ナイロン&フロロライン編)

こんにちは。

ベイトリールや両軸リールに糸を巻く時、スプールに糸をどのように結んでいますか?

時折、見られるのがセロハンテープで糸を止めていたり、直ぐに解けるような簡単な結び方で「とりあえず」スプールに糸を止めている方。

それ、やってしまうと釣りしている時に糸が抜けてしまうなどトラブルの危険性もあります!

今回は、初心者でも簡単に出来るリールへの糸の巻き方と結び方を画像付きでご紹介します。

今回はベイトリールにフロロラインを巻きます。

まず最初にレベルワインドに糸を通し

糸の端っこをここまで持ってきます。

その後、スプールに糸を一回転させるのですが、狭くてやりにくい。

今回のリールのようにスプールに穴が開いている場合、

その穴に糸の端っこを突っ込んで、クラッチを切ってスプールをクルリと一回転。

簡単にスプールに糸を一回転できました。

※糸を一回転させる方向は画像を参考にしてください。

そして結びます。

結び方は簡単な結び方「ユニノット」です。

詳しい結び方は以前紹介してあるページを参考にしてください。

結びに色々使えるユニノット。

【動画】ラインの結び方「ユニノット編」

結べたらしっかりと絞めこんで、

余分な糸を切ってしまいましょう。

切ったらスプールまでしっかりと絞めこんで、

糸を巻いて、

完成♪

【注意点】

・スプールに糸を一回転して止めるのが基本ですが、滑ってしまうのが気になるのなら2回転して止めてもOK。
※自分的には大して変化ないと思っていますが・・・

・浅いスプールに細いラインを巻く時、結び目の飛び出ているのが糸に引っ掛かって邪魔になる時があります。そのような場合には、結び目の上にセロハンテープを貼っておくと、結び目でのトラブルが回避できます。

・糸をユニノットで結んだ後の端っこの糸は極力短く切っておかないと、端っこの糸が上へと飛び出してトラブルの元となります。

・糸を巻く時は、ある程度テンション(抵抗)を掛けながら巻いておこう。テンションを掛けないで糸を巻くとスプール内で糸がフワフワになってしまい、糸同士の隙間への食い込み「出」が悪くなったりするトラブルが起きます。

やってみると非常に簡単です。

糸の巻き方で悩んでいましたら、どうぞ参考にしてみてください。


「釣り具部屋」へお立ち寄り有難う御座います。

ブログ村でも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

釣り暮らしに関して

海釣りに関して

釣りの豆知識に関して

人気ブログランキングでも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

海釣りに関して

初心者アングラーに関して


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です