釣りで持っておきたいアイテムベスト5

こんにちは「のり」です。

海釣りに行ってきましたが小潮&潮の動きが合わず、良くありませんでした。

相手も生き物。

毎回絶対釣れるって訳ではありませんね(言い訳)

今回は釣りをはじめようと考えている方や、釣りをはじめたばかりの方が「持っておきたい釣りのアイテムベスト5」を書いてみようかと。

釣りのアイテムは数あれど、釣りをするうえで絶対欲しいものを絞り込んで行くと、この5アイテムかなと思いました。

では、早速一個目!

みんなが最初に想像するであろう、

ハサミ(ラインカッター)

コレがないと糸切るのに不便。

特にPEラインなどは歯で切るのは、ほぼほぼ不可能!

よく100均とかのハサミでええやんって話を聞きますが、はっきり言って「耐久性」が違います。

直ぐに切れなくなるのは無論、錆びやすいのでランニングコスト的に損。

ちなみにPEラインを切るには、ハサミタイプでPE対応を書いたアイテムを。

爪切りタイプはPEラインを切るのに適していません。

プライヤー(針外し)

釣った魚から針を外す時に必需品。

指で外そうとして、魚が暴れたら指に針が刺さることもあるので安全の面でも持っておきたい。

色々なタイプがありますので、釣る魚に応じて選ぶと良いです。

CARP(カープ) 針外し3本セット No.1

キス釣りにはこれが便利です。飲まれた針を簡単に外す事ができます。

フィッシュホルダー

いわゆる魚を掴む道具で、体を掴むタイプや口にはさむタイプがあります。

直接魚を触らずに済むので、釣った魚をフィッシュホルダーで掴んで針を外し、クーラーボックスに入れるなどの一連の動作が非常に素早く安全に出来ますわ。

アイゴやオコゼなどヒレに毒のある魚や、危なそうな魚から針を外す時にも重宝します。

シーバスなど大型の魚には口を掴むタイプを、鯵など小型の魚は体を掴むタイプ(メゴチバサミとも言います)を選ぶと使いやすい。

余談ですが、画像の一番上のメゴチバサミタイプで最近は安~~~いプラスチックのが出ていますが、あれはグネグネして魚を非常に掴みにくくて不便ですのでご注意!

ケース(ボックス)

仕掛けやルアーを収納するのに。

ワームなどは対応のケースに入れないと化学反応してケースとワームが溶け合ってしまうので注意。

ケースのサイズや形は、何を入れるのかを考えて選ぶのが良いかと。

バッカン

意外と思われるでしょうが、これがまた大変便利!

先ほど説明したケースが複数ある場合、まとめて入れたり、釣りに行く際の食べ物や飲み物入れとして、そして気温変化時のためのちょっとした衣類や、釣り帰る時に汚れ物を入れたりと自由自在の便利アイテム。

私も色々なサイズを持って重宝してますわ。

なんて言ったって「軽い」し「汚れたら水でジャバジャバ洗える」「思っているよりも耐久性がある」のが嬉しいですね。

色々な大きさがありますが、最初持つなら30~36cm位が良いですよ。

手で持ち歩く「ハンドルタイプ」と肩に掛けて両手を開けて持ち運べる「ベルトタイプ」がありますのでお好みで!

と、私が個人的にお勧めする「釣りで持っておきたいアイテムベスト5」でした。

参考になれば幸いです!


「釣り具部屋」へお立ち寄り有難う御座います。

ブログ村でも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

釣り暮らしに関して

海釣りに関して

釣りの豆知識に関して

人気ブログランキングでも釣りに関する様々な情報が掲載されています。

海釣りに関して

初心者アングラーに関して


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です